小児てんかんは刺激での発作があるので早起きの習慣を

小児てんかん発作が起こる時に、8割は偶発的ですが、2割は誘発されて起こってしまうと言われています。

そのため、何だかの刺激や出来事によって発作が起きる場合には、その刺激や出来事が発作を誘発しているので、誘発因子という呼び方をしています。

また、発作が起こりやすくなる状況を作ってしまうのが、助長因子という呼び方をしています。
主に精神的な緊張やストレスがかかること起こってしまいますが、睡眠不足、発熱などが精神的な緊張になってしまう結果、助長因子になることが珍しくありません。

そのためには、てんかんの症状を起こさないためにも、生活を改善したり、原因をなくすことがとても大事な治療でもあるわけです。

小児てんかんでも、年齢によって助長因子は変わって来ます。
前学童期の場合には、発熱、感染症、入浴であり、学童期から前思春期になると、疲労、睡眠不足、ストレス、感情の違いが挙げられます。
また、思春期後期になれば、女性であれば月経、その他、疲労、睡眠不足、ストレスが挙げられます。

このように、睡眠不足になったりすることで生活のリズムが不規則になるのも出来るだけ避けることが必要ですので、早寝、早起きの習慣をつけるようにしましょう。

夜更かしをして翌日にまだ眠たい上代であれば、疲労も抜けきれない状態になってしまうので、てんかんの発作を出来るだけ少なくするためにも、毎日、決まった時間に就寝をして朝は早起きをするのが、とても重要になって来るわけです。

思春期であり、勉強も頑張らなければならない時期であり、夜更かしせざるを得ないこともあるでしょうが、生活のリズムを大きく壊さないためにも、早起きの習慣をつけるようにすることが、てんかんとうまく付き合う方法になるので意識を変えてみるようにしましょう。